相続

函館の行政書士・社会保険労務士事務所|行政書士・社会保険労務士 千葉修事務所

相続相続

相続とは

人が死亡したとき、その死者のものであった財産を、妻、子、親、兄弟など死者と一定の身分関係にある人が受け継ぐことを相続といいます。

相続人の範囲

  • 配偶者・・・法律上婚姻している人は常に相続人
  • 第一順位・・子またはその代襲者・再代襲者
  • 第二順位・・直系血族の最も血の繋がりが近い者
  • 第三順位・・兄弟姉妹又はその代襲者

相続財産

相続財産とは、相続の対象になる財産のことをいいます。
不動産(土地・建物)や現金、預貯金、株式、自動車等のプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も相続財産となりますので、注意が必要です。

相続の方法

1 単純承認

相続人が相続財産の承継を全面的に受け入れることをいいます。特別の届出は必要なく、限定承認するか放棄をするかの期間(三ヶ月)をそのまま経過したとき、相続財産を処分したときなどは単純承認があったとみなされます。

2 限定承認

限定承認は相続によって得たプラスの財産の範囲で債務を弁済し、財産が残ればそれを相続する方法です。相続の開始があったことを知った日から三ヶ月以内に、財産目録を作成し家庭裁判所に提出し、限定承認の意思を申し出なければなりません。相続人が二名以上いる場合は、全員が共同して限定承認しなければなりません。期間が定められていますので、注意が必要です。

3 相続放棄

相続人が相続財産の承継を全面的に否定することをいいます。相続の開始があったことを知った日から三ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄申述書を提出しなければなりません。期間が定められていますので、注意が必要です。

考 え

ここに記載した内容は相続についてごく一部をわかりやすく説明したものです。相続人の範囲について遺言があれば事情がかわってきますし、相続財産についても一身専属権は財産に含まれないなど説明していないことはたくさんあります。

相続は色々なケースが考えられますので、円満な相続手続きをすめるためお客様と一緒に考えたいと思います。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから
HOME

業務案内

  • 相続
  • 遺言
  • 許可申請
  • 法務相談

  • 年金相談・請求
  • 労働・社会保険手続
  • 人事労務管理
  • 労働相談

事務所

  • 事務所のご案内
  • プロフィール
  • 営業エリア
  • ご相談について
  • リンク集
行政書士・社会保険労務士の徽章
行政書士 社会保険労務士 千葉修事務所

〒041-0806
北海道函館市美原1丁目2-4
TEL :(0138)76-3523
FAX :(0138)76-1465